グーグルアドセンスが広告設置数上限を廃止 | 変更から読み取れるGoogleの思惑とは?

2016年8月にグーグルアドセンスの広告設置数の上限がなくなり、従来では1記事あたり3枚までの配置数が「4枚以上設置可能」に緩和されたことは、すでにあなたもご存知かと思います。

この緩和が広告収入増大を後押しすると喜ぶ声が聞こえる一方で、設置数の明確な基準がなくなったことに対する不安や懸念の声が多く聞こえてきます。

審査や監視の目が厳しいで有名なGoogleがこのような「曖昧な変更」に踏み切った理由はいったい何なのでしょうか?

今回はGoogleの思惑について考えてみたいと思います。

 

広告設置数上限に関する記載の変更

まず、設置数緩和の事実をこの記事を通じて知った方もいらっしゃると思いますので、どういう変更だったのか、ここで一度おさらいしておきたいと思います。

Googleポリシーの変更前と変更後とでその内容を比較してみましょう。

従来のポリシー

従来のポリシーには、記事1つに対して設置可能な広告数の上限を具体的な数字で示していました。

その記載箇所を確認してみますと、

・コンテンツ向けAdSenseユニットは3つまで

・リンクユニットは3つまで

・検索ボックスは2つまで

「AdSense 広告掲載に関するポリシー」参照

というように「広告数は1ページあたり3つまで」と明記されていることがわかると思います。

新しいポリシー

 

一方で、新たなポリシーでは具体的な数字が一つも書かれていません。

具体的数字の設定がない代わりに、

・広告や優良の宣伝用資料は、配信するページのコンテンツよりも多くなってはならない

・コンテンツは、ページを訪れるユーザーの関心に合った、価値ある情報を提供するものでなければなりません。

「AdSense 広告掲載に関するポリシー」参照

と書かれており、設置数に関する表現がかなり曖昧なものになりました。

 

変更されたポリシーの解釈

設置数上限の具体的数字が取り払われる代わりに曖昧な基準が設けられたことで、このポリシーに対する解釈が非常に重要になってました。

『1ページに設置可能な広告の上限』⇒『価値の高い広告枠』

まず注目すべきは、Googleが広告設置に対する着眼点を「数量」から「価値」に変更した点です。

Googleにとって広告収入は会社を支える重要事業の1つでしょうから、広告収入を安定的に成長させることは経営に課された問題の1つのはずです。

今までの戦略は「1記事3広告上限」というシンプルな手法なため、管理者側としても管理し易かった利点があったと思います。

ですが、これでは「コンテンツが薄く価値の低いページ」であっても「コンテンツが豊富で価値の高いページ」であっても一律で「1記事3広告上限」となってしまい、読者が重宝する価値あるページを広告設置先として十分に活かしきれない、というデメリットも生じてしまいます。

今後さらに広告収入を成長させるためには「コンテンツが豊富で価値の高いページ」については広告数上限を緩和して、たくさんの読者に広告を見てもらう必要があります。

今回の広告設置数の規定変更は、こういったGoogleの経営戦略上の思惑から行われたものと考えるのが自然ではないでしょうか。

 

ユーザーにとって価値がないページには「制限」or「無効」の処置

続いては、「価値がない」と判断されたページについてはどのような処置が取られるのか見ておきましょう。

新たなポリシーでは、

ユーザーにとって価値がほとんどないページでの広告配信と広告の過度な表示は、修正が行われるまで制限または無効にされる場合があります。

「AdSense 広告掲載に関するポリシー」参照

と書かれており、ユーザー(読者)にとって有益ではないとGoogleに判断されると、例え広告表示が少なくても(3つ以下でも)制限や無効化されてしまう模様です。

価値がないと評されるページの一例として、

・コンテンツよりも広告の方が多いページ

・広告配信専用のページ

・コンテンツのないページ

など、いくつか挙げられており、これらはペナルティーを受ける可能性があるようです。

 

悩 太蔵
つまり、読者が読んだときに「文字数が少なくて、内容も薄いな」と感じられるものや「うわっ、広告だらけのページだな」と思われてしまうページがペナルティーの対象になるみたいですね。

 

「価値あるページ」とはどういったものなのか

広告設置数を取り決める規定についてGoogleが抽象的な表現を用いたことで、「価値あるページ」がどういったものであるかも整理しておく必要があります。

①「Googleが目指すGoogleの将来像」からみた「価値あるページ」

Googleの共同創業者であるラリー・ペイジは、Googleが将来目指す完璧な検索エンジンについて、以下のように述べたそうです。

「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返すエンジンである」

Google会社情報:Googleのサービス」参照

この言葉からGoogleは「検索ユーザー」の視点に立って理想の検索エンジンを追い求めており、そのためには検索ユーザーのニーズに応えられるコンテンツを取り揃えておく必要があることが推察できます。

「ユーザーの知りたいことがしっかりと書かれた(=知りたいことにしっかり応えられる)記事」

これこそが、Googleが求める「価値あるページ」であり、それ以上でもそれ以下でもないと考えます。

これがベースとして存在し、読者理解を深めるために動画や画像を盛り込みリーダビリティーを向上させることが尚良し、とされているのではないでしょうか。

 

②文字数と広告数のバランス

上記を踏まえると、「文字数と広告数のバランス」も読者目線で考える必要があります。

ページを開いて記事内容よりも広告が目に飛び込み過ぎてしまっては、ユーザーの知りたいことに応えるページとは言えず、Googleが求める「価値あるページ」からは遠ざかってしまいます。

広告には記事の理解を深める補助的な役割は一切ないので、設置し過ぎて読者理解の妨げとなってしまっては困りものです。

何文字あたり広告を1つ設置できるのか、明確な基準が欲しい気持ちもわかりますが、ここは「コンテンツの質の高さ(ユーザーの疑問を解消できているかどうか)」「文字数」によって異なってくると思いますので、明確な基準は存在しないと考えています。

 

ちなみに、Google AdSense以外の広告(他社ASP)についても忘れてはいけません。

他社ASPも広告に変わりありませんから、それらも1つの広告と数えて設置するよう心がけるようにしましょう。

 

最後に

広告設置数が多ければその分収益が見込めるため、ペナルティーを受けないギリギリの範囲で設置したい気持ちはとても理解できます。

ですが、広告数を増やさなくても、コンテンツの質の良化を図れば、サイトを訪れるユーザー数が増えるため、結果的に広告収益の増加も期待できます。

ページはあくまでユーザーの期待に応えるものであり、広告はあくまで「おまけ」であるというを忘れないようにしましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です