最終面接の内定通知はいつ来るの?「結果報告が届くまでの期間」を元転職エージェントがこっそり教えます

書類審査、一次・二次面接、そして最終面接を終えて、あとは結果通知を待つのみ。

頑張ってきた分、結果報告が待ち遠しくなるのは当然のことですし、面接の手ごたえが良かったら尚更のこと。

私が転職エージェントに在籍していた頃「結果はまだ届きませんか?」と応募者の方から催促の連絡を何度もいただいていたので、結果が出るまで期待と不安を抱えながら待ちわびる複雑な心境はすごく理解できる。

今回は、そんな心境を少しでも緩和できるよう、結果通知が届くまでの目安と傾向について書いてみる。

 

一般的に結果通知は最終面接から3日以内

標準的な目安として、電話での結果通知は最終面接日から3日以内。(郵送通知の場合はさらに数日遅れで届く)

早いケースだと面接翌日に通知が届くこともあるが、精神的なプレッシャーを避けるために面接後2日間は何も連絡が来ないことが当たり前という認識を持ったほうが良い。

応募先の人事担当者も仕事で忙しいため、数日間連絡が来ないことはよくある話。

 

「では、3日以内に結果が来ない場合は不採用なのか?」

 

この質問に対する答えは「NO」だ。

私の経験では、2週間後に内定通知の連絡が届いたケースもあるし、逆に面接翌日に不採用の通知がきたこともある。

そのため、「連絡が遅い=不採用」とは言い切れないし、通知が遅くなる理由は以下のように多岐に渡る。

 

大企業ほど通知が遅い

あくまで傾向だが、大企業になるほど結果通知が届くまで時間がかかる。

一番の原因は、内部の承認ステップが中小企業と比べて多く、承認を得るまで多くの時間を要するため。

組織が大きければ関係者の数も増え、必然的に承認ステップが増える。

中には出張でオフィスを離れてしまう関係者もいるだろうから、思ったように社内手続きが進まない。

 

もう一つよくある原因は、募集枠に対して見込みのある応募者が多く、面接日が複数日に渡って行われる場合だ。

当然、初日に面接した応募者は面接がすべて完了するまで合否連絡はもらえない。

そのため、通常よりも結果が届くまで時間がかかることになる。

 

大企業の募集案件は人気が高いため応募者が多く、しかも応募者の経験やスキルも高い傾向になる。

ただでさえ内定を勝ち取ることが難しい上に待たされるため、「結果通知が遅い=不採用」という思い込みに陥ってしまうのではないか。

 

人事担当者が忙し過ぎて遅い

単純にマンパワー不足で回答が遅いことも十分に考えられる。

特に、複数の募集案件を並行して担当している場合、それぞれの案件に力が分散されるため処理が遅々として進まず、結果として採用通知の連絡が大幅に遅れることがある。

ある意味タイミングが悪いだけで、こちらも意図して通知連絡を遅らせているわけではない。

 

この他にも企業側の都合で通知連絡が遅くなる理由はあるが、多くの場合は組織上の都合タイミングで通知が遅れると考えてよいかと。

 

少しでも早く結果が欲しい場合の対処法

結果が出るまで時間が掛かることは重々承知した上で、それでも一日でも早く連絡が欲しくなるのが人間。

確実な方法ではないが、上手くいけば通知を早めることができる方法がある。

それは、実はもう一社最終面接を近々に迎える応募先(企業)があるということを面接時に伝える、という方法。

 

これは私が担当していたお客様(転職希望者)が実際に行った方法だが、彼は面接翌日に内定の連絡を受けることができた。

本人からは「早く結論出さないと他社に行っちゃうよー、という雰囲気を面接時に出していたことが内定通知を急がせること繋がったと思います」とのフィードバックをいただいたが、確かに通知遅延が人事担当者が多忙という理由の場合、この方法は時に有効のように思える。

だが、これにはあなたが内定の本命であるという前提が必要不可欠であることを忘れないでほしい。

この前提なしでは、人事担当者が無理を押して結果報告を急ぐ理由がなくなる。

ということで、もし面接結果をどうしても急がなければならない方は物は試しで取り入れてみても良いかもしれない。

 

転職という性質を客観的に理解することが大切

ここまでで内定通知が届くまでの標準的な期間通知に時間が掛かる理由について触れてきたが、転職活動で最良の結果を得るためには「転職の性質」をしっかり理解しておく必要がある。

 

転職は応募者の最大限の努力が最低限求められた上で、確率と運の要素に大きく左右されるもの

転職の準備や対策を怠っている方はその競争の土俵にすら上がれないが、仮に上がれたとしてもタイミングが悪ければ実力者であれ不採用になってしまう。

 

映画「ランボー」でお馴染みの俳優シルベスタ・スタローン氏は、54回のオーディションを経て今の地位を築き上げたそうだが、あれほどの実力者であっても受からないときは受からないのと同様、転職も実力だけではどうにもならないことが起こる。

 

そういう不確実な性質のものに期待を寄せることはメンタルの浮き沈みを招くことになりかねないので避けるべきだし、「そういうものだ!」というように客観的に見れるようになると転職活動が上手く行き始める

メンタルをどうコントロールするかが転職活動のキモだ。

 

頼りになる転職エージェントを紹介

エージェントを使っての転職が当たり前となった世の中でエージェントを使わないのは選択肢を自分で狭めるだけで、ある意味遠回り

ここでは、私の経験や転職エージェントの知り合いの評価を考慮し、オススメの転職エージェントを紹介する。

 

パソナキャリア


最大の強みは年収の交渉力

転職後の年収はプロのサポートの質で大きく変わる。

サポート体制がしっかりしており、年収交渉も積極的に行ってくれるパソナキャリアは私が強くオススメするエージェント

元転職エージェントの私がパソナキャリアを『一択』でオススメする理由

2018.04.21

長年の間培われてきた独自の転職ノウハウを活用しない手はない。

悩む前に面談を通じてプロのアドバイスを求めてよう。

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です