【要注意】んっ?「スポンサードリンク」?? | グーグルアドセンス(Google AdSense)の広告設置でありがちなNGケースとは?

厳格化されたグーグルアドセンスの2次審査を通過して、待ちに待った広告収入を早く得ようとペタペタと広告を張り付けたくなる気持ちはとても理解できます。

ですが、審査通過に安心してしまったのか、グーグルアドセンスが定める広告掲載に関するポリシーを無視した設置を時々見かけるので、今回はそういった「ありがちなNGケース」をいくつか紹介しておきたいと思います。

規約違反は大きなペナルティーにつながりますので、必ずチェックしておきましょう。

 

誤解を招く広告配置

スポンサードリンク

時々見かけるケースとして、グーグル広告ラベルに「スポンサードリンク」と書いてあるものが挙げられます。

 

悩 太蔵
スポンサードリンク?「スポンサー」が付いた「ドリンク」っていうことですか??

 

いいえ。違います。

英語に直すと”sponsored link”となり「スポンサーされたリンク(=広告リンク)」という意味になります。

「スポンサー」の後に「ド」が付いているだけの違いですが、この表記はポリシー上認められていません。

サイトのユーザーに誤解を与えないようにし、ユーザーがコンテンツと Google ディスプレイ広告を簡単に区別できるようにすることが大事です。AdSense のポリシーでは、「関連情報」や「関連リンク」といった誤解を招く見出しの下に広告を配置することは禁止されています。Google 広告のラベルには、「広告」または「スポンサーリンク」のみを使用するようお願いいたします。

AdSense 「広告の配置に関するポリシー」参照

英語版のサイトでは”sponsored link”というようにラベルには表示されていますが、日本語サイトでは「スポンサードリンク」ではなく「スポンサーリンク」、もしくは「広告」のみを使用するよう指定されています。

英語をそのままカタカタに変えているだけですが、実際に「スポンサードリンク」を「スポンサー」+「ドリンク」と誤解してしまう読者が1人でも存在する可能性がある限り、「誤解を招く見出し」として扱われる可能性もあります。

たった1文字の違いですが、ポリシー上の表現に統一することをお勧めします。

 

コンテンツを押しやる広告の置き方

こちらも時々見かける一例で、ページを開いたとき、コンテンツの書き出しよりも上部に広告が置かれ、スクロールダウンしないとコンテンツにたどり着けないケースです。

イメージ図にするとこんな感じで、タイトル直下に広告があることで、読者はスクロールダウンしないと本文を見つけることができなくなっています。

タイトル
広告 広告 サイドメニュー
広告

これはパソコン画面に限らず、モバイル端末での表示画面でも同様に規定されいます。

ポリシーの条文をそのまま引用しておきますので確認しておいてくださいね。

スクロールしなければ見えない位置にコンテンツを押しやるサイト レイアウトは避けてください。こうしたレイアウトは、ユーザーにとってコンテンツと広告の区別が難しくなります。

モバイル向けの配置方法: スクロールしなければ見えない位置にコンテンツを押しやるモバイルサイト レイアウトは避けてください。スクロールせずに見える範囲に 300×250(またはそれより大きい)広告ユニットを配置することは許可されていません。このような配置方法によって、ユーザーはサイトのコンテンツを見るためにスクロールしなければならなくなるからです。ユーザーの利便性を考慮して、サイトのコンテンツはスクロールせずに見える範囲にはっきりと表示する必要があります。モバイルサイトのこの範囲には、300×250 より小さい広告ユニットを配置することをおすすめします。広告の配置に関するおすすめの方法については、モバイルウェブ向けの最適化ガイドラインをご覧ください。

AdSense 「広告の配置に関するポリシー」参照

 

オラ社長

上記の2つは、本人が知らず知らずのうちに犯してしまう規約違反の中でも件数が多い事例のようじゃ。

広告は設置個所によって報酬額を左右するが、あくまで読者目線に配慮した配置が第一優先であることを忘れてはならぬぞぃ。

 

最後に

長期的に広告収入を得るのであれば、規約に準じた健全な運用が求められます。

どんなウェブサイトやブログで調べるよりも、Googleが提供している広告掲載に関するポリシーを一読することのほうが情報として間違いありませんので、早い段階で自分が規約に則った運用をしているのか確認しておくことをお勧めします。

下にポリシーのリンクを貼っておきますので、お時間ある時にでも見ておきましょう!

広告の配置に関するポリシー

 

オラ社長

「百聞は一見に如かず」じゃ。健全なサイト運用を心掛け、長期に渡って広告収入を得られるよう努めようぞぃ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です