Powerpointスゴ技 | お洒落なスライドデザイン 型抜き/合成

課長
キレイなレイアウトだが、もう少しユニークでお洒落な表紙デザインにできないかね?
特に、TO BE HAPPYというコンセプトワードがパッと目に入るようなデザインがいいな。
イエス・マン
イエス、課長。私もハッピーになりたいザンス。

BEFORE

確かに、このスライドはキレイな写真を用いて文字配置を上手く使っているが、ありふれたデザインといえばそうで、少しインパクトに欠ける感がある。

特に、コンセプトワードである”TO BE HAPPY”は白文字で表現されているが、存在感が薄い。

今回は同一の写真を用い、かつコンセプトワードを少し変わった方法で表現してみようと思う。

修正後の資料はこちら。

AFTER

写真をユニークな形状に変え、更にコンセプトワードを縦中央に置き、背景色と同化したことで存在感が増したデザインとなった。

イラストレーターなどではお馴染みな技法だが、これは全てパワーポイントで作成したものだ。

難しいテクニックは不要で、簡単にこういったユニークなデザインを作成することができる。

今回用いた技法は「型抜き/合成」というパワポ機能の一つだ。

これが使えるだけでも、課長が喜びそうなデザインをパワポ内で表現できるので、是非習得しよう。

課長

パワポを基礎から学ぶなら、学習ペースを自分で決められる通信教育がオススメだぞ。
日々の積み重ねが大きな結果を生む。

悩むくらいなら、まずは資料請求だけでもしてみよう。



パワーポイントの型抜き/合成とは

パワポは文章を箇条書きして、チョロっとデザインを加えられるソフトだと考えている人は少なくないが、かなりのデザインソフトであることを忘れてはいけない。

もちろんイラストレーターのようなデザインソフトと比較してしまうと操作性は劣るが、それでも時間を掛けて工夫さえできれば、大体のことはパワポで完結できる。

今回紹介する型抜き/合成というのは「複数の図形が重なり、偶数回重なった部分が切り抜かれた図形を生成するもの」なのだが、言葉では伝わらないと思うので、以下図を確認してほしい。

青とオレンジの円があり、①→②の順でそれぞれのオブジェクトをクリック。
「書式」タブから「図形の結合」を選択し、「型抜き/合成」ボタンをクリックする。

※Powerpoint2010の場合は、「リボンのユーザー設定」→「コマンドの選択:リボンにないコマンド」を選択し当該機能をリボンに追加する必要がある。

重なった部分が白抜きされ、最初に選択した青円のカラーが全体に反映された。

これが型抜き/合成という機能だ。

「型抜き/合成」機能を用いて資料作成

では、ここから資料の作成方法を紹介する。

まず、パワポに写真を画面いっぱいに貼り付ける。
「挿入」タグから「図形」を選択し、真ん中より少し右側に白色の四角形(縁色:なし)を挿入し、右側の隅に置く。
「挿入」タグから「図形」を選択し、白色の直角三角形(縁:なし)を2つ作成する。
2つの直角三角形を四角に揃えて配置し、三角形の高さは四角形の半分になるように調整する。(画像は分かり易いようガイドを引いている)
四角形と直角三角形2つを選択し、「結合」する。

※「結合」は「型抜き/合成」と同じ場所にあり、「書式」→「図形の結合」を選択すると見つかる。

背景が濃い青色なので、白文字を配置。
黒文字で”TO BE HAPPY”というコンセプトワードを用意し、結合した白色の画像の上に配置。そして白色図形を先に選択してからコンセプトワードを選択し、「型抜き/合成」をクリックする。

これで完成。

イエス・マン
彼女とドライブ行きたいザンス。

課長から一言

課長

コンテンツが魅力的でもパワポの出来栄えで競合に競り負けた、といったことは決して珍しいことではない。

イラストレーターのようなデザインソフトが使えなくても、パワポ機能をフル活用すればある程度のデザインは用意できることを覚えていてほしい。

課長のオススメ本 PowerPoint編

オススメ本①
『伝わるデザインの基本 増補改訂版 よい資料を作るためのレイアウトのルール』


伝わるデザインの基本 増補改訂版 よい資料を作るためのレイアウトのルール

課長

好例と悪例を対比してレイアウトのルールを解説している名著。ロジカルな解説で初心者にも非常に分かりやすい構成となっている。

カスタマーレビューを見ても、その評価がとても高いことが伺えるだろう。

オススメ本②
『なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉』


なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉

課長

デザインに特化したデザインの本質を突く名著。デザイナーを目指す人はもちろんのこと、パワポデザインにもう少し気を配りたい人など幅広い人にオススメ。

パワポで使えるテクニックも多く掲載されており実践的。ここまで高評価のカスタマーレビュー分布も珍しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です