Powerpointスゴ技 | お洒落なスライドデザイン パンフレット表紙

課長
この度会社のパンフレットを一新することにした。自然食品を取り扱っているため、現行のものよりクリーンなイメージが伝わるデザインにしたいんだが、任せられるか?
イエス・マン
イエス、課長。会社はブラックですが、パンフレットはクリーンにします。

現在のパンフレット

今回の課長の依頼はパンフレットデザインの一新だ。

現行パンフレットはクリーンをイメージした緑色基調なものだが、レイアウトがシンプル過ぎてどこか物足りない印象だ。

使用している素材を活かしつつ、洗礼されたイメージのデザインに変更しよう。

もちろん、使うソフトはパワーポイントだけだ。

ちなみに、変更後のデザインはこちら。

修正後のパンフレット

上品で洗礼されたデザインになってはいないだろうか?

曲線と円を使ったことで、柔らかい印象を与えることができているわけだが、今回のデザインのポイントはトリミングだ。

写真データを加工するときによく聞くと思うが、パワポにもトリミング機能が搭載されている。

今回はこの機能も紹介しながらパンフレットを作成していく。

課長

パワポを基礎から学ぶなら、学習ペースを自分で決められる通信教育がオススメだぞ。
日々の積み重ねが大きな結果を生む。

悩むくらいなら、まずは資料請求だけでもしてみよう。



パワーポイントのトリミング機能とは

では、まずはトリミング機能の使い方を説明する。

トリミングしたい画像を選択したら、「書式」タブを選択し、右側にある「トリミング」→「図形に合わせてトリミング」を押す。
図形が表示されるので、切り抜きたい形の図形を選択する(ここでは円/楕円を選択)。

これでトリミングが完了だ。

もちろん、切り抜いた後でも形の修正はできるため、好みの形になるまで微調整を繰り返そう。

トリミングを用いてパンフレット作成

では、さっそくパンフレットの作り方を解説する。

まず、用紙高さの緑色長方形を準備する。縁は「線なし」を選択。
グラデーションを施すため、「図形の書式設定」→「塗りつぶし」はこのような条件を入力する。見本のように、下に行くほど色が薄くなるようグラデーション種類と角度を調整すること。
イメージ通りのグラデーション設定ができたら、枠右端に長方形を寄せ、少し幅を広げる。
続いて大きな円を作る。枠より大きくなるため、上画像はかなり遠方からの画像。
円で長方形を切り抜き。切り抜き方法は次のページで詳細を説明しているので参考にしてほしい。

Powerpointスゴ技 | お洒落なスライドデザイン 強調表現 ライトニング

2018.02.14
続いて、画像のトリミングだ。上述の説明のように、画像を選択して「図形に合わせてトリミング」を選択し、円形に切り抜く。
円形/楕円形を選択すると、楕円になるため、円形にするときは形状を微調整、もしくは「書式」タブの右端にある「サイズ」に寸法を直接入力して正円を描くようにすると良い。
同様の手順で全ての写真をトリミングし、曲線の上に写真を配置する。それぞれの写真の縁に色を付ける。今回の見本は、敢えて上から下に行くほど色が濃くなるように縁色を調整している。
曲線を作成して配置する。枠をはみ出すくらい大きくし、色は薄いグリーン。そして、枠からはみ出るように斜めに置く。
そして、最初に作ったグラデーション長方形をコピーし、横に倒して縮小したものを左真ん中に配置する。
文字を入力して配置したら完成。
イエス・マン
サービス残業150時間の企業パンフレットには見えないザンス。

課長から一言

課長

パワーポイントでもレイアウトと素材を上手く使うとパンフレットチラシを作ることは十分可能。

画像のトリミングは使用頻度がかなり高いため、これを機会にマスターしておくように。

また、図形の切り抜き方がいまいち分からない場合は、こちらのページを確認しておくように。

Powerpointスゴ技 | お洒落なスライドデザイン 強調表現 ライトニング

2018.02.14

課長のオススメ本 PowerPoint編

オススメ本①
『伝わるデザインの基本 増補改訂版 よい資料を作るためのレイアウトのルール』


伝わるデザインの基本 増補改訂版 よい資料を作るためのレイアウトのルール

課長

好例と悪例を対比してレイアウトのルールを解説している名著。ロジカルな解説で初心者にも非常に分かりやすい構成となっている。

カスタマーレビューを見ても、その評価がとても高いことが伺えるだろう。

オススメ本②
『なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉』


なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉

課長

デザインに特化したデザインの本質を突く名著。デザイナーを目指す人はもちろんのこと、パワポデザインにもう少し気を配りたい人など幅広い人にオススメ。

パワポで使えるテクニックも多く掲載されており実践的。ここまで高評価のカスタマーレビュー分布も珍しい。

オススメ本③
『PowerPoint資料作成 プロフェッショナルの大原則』


PowerPoint資料作成 プロフェッショナルの大原則

課長

154の技法が紹介されたパワポのザ・教科書。テクニックだけでなく、聴衆を動かすプレゼンの作り方など、コンサルとして必要なスキルが網羅された名著。528ページとボリュームも多く、実践的な内容もしっかりカバーされているため、入門書では満足できない人は是非手に取ってみて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です