Powerpointスゴ技 | お洒落なスライドデザイン 図の挿入

課長
ふむふむ。なかなか良い出来だな。写真のチョイスが良い。
だが、欲を言えばもう少し個性的なデザインが欲しいところだ。お前の素晴らしいセンスに賭けたいのだが、、、、できるか??
イエス・マン
イエス、課長。そう言われてしまうと、できないとは言えませぬ。

BEFORE

全体的に暗めで落着き払ったデザインであり、写真デザインの魅力を最大限活かしているため、正直なところこれで十分とも言える。

あれこれ付け加えると、かえって蛇足。

だが、敢えて課長の指示通り個性を表現するなら、下のようなデザインもアリではないだろうか。

AFTER

列をなした長方形に切り抜かれ、背景にはグラデーションも入れ込み、夜景にライトアップを加えたような特徴的なデザイン。

プロのデザイナーが時間を掛けて作ったように錯覚を起こすかもしれない、、、が、実際は数分の手間を加えることで簡単に表現できる

パワポに図形を用いることは一般的だが、ちょっとしたテクニックでこのような一風変わったデザインも扱うことができるようになる。

今回は「図の挿入」機能について紹介していく。

課長

パワポを基礎から学ぶなら、学習ペースを自分で決められる通信教育がオススメだぞ。
日々の積み重ねが大きな結果を生む。

悩むくらいなら、まずは資料請求だけでもしてみよう。



パワーポイントの図の挿入とは

「図の挿入」はパワポに不慣れな方でも一度は使ったことがあるであろう、とても一般的な機能の一つだが、この機会に使用方法を再度確認しておく。

「挿入」タグの中にある「画像」をクリックする。
挿入したい画像を選択し、「挿入」ボタンをクリックする。
パワポスライドに指定の画像が挿入される。もちろん、指定画像をドロップ&ドロップで落とし込んでも問題ない。

「図の挿入」機能を用いて資料作成

それでは、この機能を使って冒頭紹介した資料の作り方を解説していく。

まずは上画像のように「挿入」タグから「図形」を開き長方形を選択し、縦長の長方形を描く。
同じ形をコピーして、横いっぱいに貼り付けていく。
並べた長方形を全て選択し、「ホーム」タグの中にある「配置」をクリックし、「左右に整列」を選択する。これで等間隔で図形を配置することができる。
凹凸を作るよう、それぞれの長方形の長さを調整する。図形編集中、横に図形がずれないよう「Shift」ボタンを押しながら成形作業することをお勧めする。
全ての図形を選択し、「配置」ボタンから「グループ化」を選択する。
全ての図形がグループ化されると、図形選択時は上画像のように1つの図形になる。
グループ化された画像を右クリックで選択し、「図形の書式設定」のなかにある「塗りつぶし(図またはテクスチャ)」を押し、その中にある「ファイル」をクリックし、挿入したい画像を選択する。
グループ化された図形の中に選択した画像が挿入されただろうか?これが今回ご紹介するテクニックだ。
今度は背景を作成するために、枠いっぱいサイズの長方形を挿入する。
図形を挿入したら、「配置」から「最背面へ移動」を選択する。
背面に移動した図形にグラデーションをかける。グラデーション分岐点は中央にホワイトを持ってくることでライトアップの効果を演出。
文字配置するための下地を作成する。透明度は40%くらい

BEFORE資料では文字位置が左側に配置されていたが、上画像のように右寄せしたほうがバランス良く見える。これで完成。
イエス・マン
思っていたより良くできてしまった・・・。

課長から一言

課長

今回のテクニックの最大のポイントは図形を「グループ化」してから画像を挿入する点だ。

これさえ覚えておけば、様々な図形に画像を埋め込むことができ、オリジナリティーが高い資料を作ることが可能になる。

とても使い勝手のよい技法なので、さっそく明日から試てみてくれよ。

課長のオススメ本 PowerPoint編

オススメ本①
『伝わるデザインの基本 増補改訂版 よい資料を作るためのレイアウトのルール』


伝わるデザインの基本 増補改訂版 よい資料を作るためのレイアウトのルール

課長

好例と悪例を対比してレイアウトのルールを解説している名著。ロジカルな解説で初心者にも非常に分かりやすい構成となっている。

カスタマーレビューを見ても、その評価がとても高いことが伺えるだろう。

オススメ本②
『なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉』


なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉

課長

デザインに特化したデザインの本質を突く名著。デザイナーを目指す人はもちろんのこと、パワポデザインにもう少し気を配りたい人など幅広い人にオススメ。

パワポで使えるテクニックも多く掲載されており実践的。ここまで高評価のカスタマーレビュー分布も珍しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です