Powerpointスゴ技 | お洒落なロゴデザイン X(切り出し)

課長

アルファベットの「X」を使ったロゴデザインを考えてもらえないか?

今回もいつもながら予算がな・・・。頼むわ。

イエス・マン
イエス、課長。ウチの部署はいつになった予算もらえるのでしょうか?

前回、盾(シールド)のロゴをパワーポイントで作成する方法を紹介した。

Powerpointスゴ技 | お洒落なロゴデザイン 盾(シールド)

2018.02.24

3Dデザインだと影を付けたりと作成に少し時間が掛かるが、今回紹介するような2Dデザインであれば簡単に作れる。

所要時間3分で作ったロゴはこれだ。

完成ロゴ

一見、手の込んだ感じのデザインだが、今回紹介する「切り出し」というパワポ搭載の図形編集機能を使えば誰でも簡単に作成可能だ。

課長

パワポを基礎から学ぶなら、学習ペースを自分で決められる通信教育がオススメだぞ。
日々の積み重ねが大きな結果を生む。

悩むくらいなら、まずは資料請求だけでもしてみよう。



パワーポイントの切り出し機能とは

意外と思う方も多いかもしれないが、パワポに標準搭載されている図形編集機能は非常に優秀で、これらを駆使すればデザインソフトを使用しなくてもある程度高度なロゴを作ることができる。

その中でも便利な機能が「切り出し」機能だ。

使い方はシンプルで、後に選択した図形を使って画像を切り出すといったものだ。

ブルーの円形の上に、オレンジの星形を重ねる。
ブルーの円形を「先」に選択し、続いてオレンジの星形をCtrlを押しながら選択する。
「書式」タブを選択し、その中にある「図形の結合」ボタンを押し、「切り出し」を選択する。

すると、円形を星形で切る出すことができる。

中央に位置する切り出した星形をDeleteすると、上画像のように円の内側部分を削除することができる。
切り出された画像は、それぞれが独立した図形となっているため、上のようにそれぞれの図形に色を塗ることができるようになる。

「切り出し」機能を用いてロゴ作成

では、ここからは「切り出し」機能を使って冒頭で紹介したロゴの作り方を解説する。

枠中央に正方形を配置する。(縁は「なし」を選択)
今回は課長指示で文字「X」を使ったデザインとのことなので、正方形より若干大き目の文字「X」を上画像のように配置する。
正方形を選択し、Ctrlボタンを押しながら文字「X」を選択する。そして、「書式」タブにある「図形の結合」から「切り出し」を選択すると、それぞれがパーツ毎に独立する。
文字「X」と四角形の外枠にある画像を削除する。
それぞれのパーツを選択し、パーツごとに色を塗る。
最後に文字を配置すれば完成だ。
イエス・マン
我ながらグッドデザイン、と思ふ。

課長から一言

課長

「切り出し」機能を使いこなすと、切り出された図形はパーツごとに独立するため複雑な形状を作り上げることができ、かなり手の込んだデザインにも対応することができる。

「切り出されたい図形」「切り出したい図形」の選択順序を間違わないよう気を付けてくれよ。

課長のオススメ本 PowerPoint編

オススメ本①
『伝わるデザインの基本 増補改訂版 よい資料を作るためのレイアウトのルール』


伝わるデザインの基本 増補改訂版 よい資料を作るためのレイアウトのルール

課長

好例と悪例を対比してレイアウトのルールを解説している名著。ロジカルな解説で初心者にも非常に分かりやすい構成となっている。

カスタマーレビューを見ても、その評価がとても高いことが伺えるだろう。

オススメ本②
『なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉』


なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉

課長

デザインに特化したデザインの本質を突く名著。デザイナーを目指す人はもちろんのこと、パワポデザインにもう少し気を配りたい人など幅広い人にオススメ。

パワポで使えるテクニックも多く掲載されており実践的。ここまで高評価のカスタマーレビュー分布も珍しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です