ここぞという転職面接でNGの退職理由とは?

面接官の心証を悪くしないような理想的な退職理由をネットで探してみると、退職理由はすべてポジティブに伝えることが大切といった趣旨のアドバイスが多数見受けられます。

たしかにその通りですが、

 

悩めるサラリーマン
それができるなら苦労しねーよ!ぷりぷりっ

 

というのが転職で悩む方々の率直な感想ではないでしょうか?

 

退職理由の大半はネガティブなもので、理由は1つや2つじゃないはずです。

たくさんあるから退職したいのです。

 

そんな数ある退職理由を全てポジティブに伝えるのは至難の業ですし、面接官の鋭い指摘の的になって自滅するのが関の山でしょう。

であるなら、退職理由は一つに絞り込むべきです。

 

では、どうやって絞り込んでどう説明するか。

 

この記事では、「心証を悪くしない退職理由の絞込みのポイント」「残業をたとえにその回答例」についてお伝えしていきます。

 

面接官が退職理由を確認する目的

面接官が退職理由を聞いてくる理由はいくつかありますが、多くの場合はあなたが「他責思考」が強い人間かどうかを見極めるためです。

つまり、人のせいにする人間かを知りたいわけです。

 

悩めるサラリーマン

「上司からの要求が理不尽だったので辞めました。」

「会社が掲げる目標と実態がかけ離れていたので辞めました。

「全部、人のせいっス!」

 

本当に上司が理不尽極まりない人間で、会社が社員の期待を裏切るような愚行を働いたとしても、初対面の面接官に実態を知る術はありません。

そのため、ひとたびこのような回答をしてしまうと「他責思考」という烙印を押されてしまい、後々どんなに魅力的な回答をしても挽回することが困難となってしまう可能性があります。

 

中犬企業の社長
聞き捨てならぬ!こやつは会社を舐めとるのか!!・・・ ペロッ

 

ここは非常に重要なポイントで、面接中は終始徹底してこの点を意識した回答が求められますし、これは退職理由の絞込みの基準にもなります。

 

「残業が多い」を退職理由としてみる

「転職理由に本音を言ってはいけませんか?」

この問いに対する私の意見ですが、もしあなたが過度な残業を理由に転職したいのであれば、私はそれを素直に退職理由にしても良いと思っています。

その理由は、(パワハラ等含む)対人関係や待遇・昇進と比べて過度な残業は「他責思考」と解釈されるリスクが低いからです。

 

残業も度が過ぎると肉体的にも精神的にも負担でしかなく、行き過ぎると不幸な結末を招きかねません。

これは面接官も経験済みかもしれませんし、そうでなくても想像するに難しくないのです。

そのため残業が退職理由というのは心証を悪くするリスクが低く、

 

中犬企業の社長
んで、ぶっちゃけどうなのよ?

 

と本心を知りたい面接官の質問に対し、下手な理由を無理にポジティブに見せようとすることのほうが返って痛い目を見ることになりかねません。

 

残業が辛かったのであればそれを素直に伝えてみましょう、というのが私のアドバイスですが、

「退職理由は何ですか?」という質問に対し、単に、

 

悩めるサラリーマン
はい。過度な残業っス!! エッヘン!

 

と回答するだけでは言葉の重みが伝わりません。

ですので、

 

悩めるサラリーマン
ご縁あって御社に迎え入れていただくことがあるかも知れませんので、隠し事無しで率直に申し上げさせていただきますと・・・

 

といった前置きを用意して伝えたほうが、それが本心であると解釈してもらえる可能性が高まりますね。

 

ウチも残業が多いけど、大丈夫?

稀なケースだとは思いますが、面接官のなかには、あえてこのような質問を投げかけてくるかもしれません。

 

悩めるサラリーマン
うっ・・・。

 

と言葉に詰まってしまわないよう、下記のようなサイトを利用して面接企業の標準的な残業時間を事前に調査しておきましょう。

 

転職会議
vorkers
カイシャの評判

 

標準的な残業時間をザックリ認識しておくだけで、

 

悩めるサラリーマン
確かに残業は少なくないかもしれませんが、前職では毎月●●時間(標準的時間以上の数字)の残業に追われていましたので問題ございません。

 

と、少なくとも返答に窮することは回避できます。

 

退職理由はMUSTな質問事項ではない

ここまでつらつら書いてきましたが、退職理由は面接においてMUSTな質問事項ではありません。

 

悩めるサラリーマン
なんやて!!

 

というのも、退職理由を問うのは他責思考かどうかを調べるためのストレートな質問方法であり、そんな直球を投げなくても他の質問で他責思考かどうかを判断することができるためです。

そのため、面接官によってはわざわざ理由を聞いてこないこともあります。

 

大切なのでもう一度まとめますと、面接では他責思考の人間かどうかをじっくり見られます。

面接の始めから終わりまでずっとです。

 

悩めるサラリーマン
企業に強みをたくさんアピールしているのに、なぜか内定が取れん・・・

 

という方は、気づかないうちに面接中に他責思考のニオイを出しているかもしれません。

 

中犬企業の社長
クンクン・・・んんっ??

 

面接官は何十、何百といった候補者を見てきているので、下手な理由を挙げて墓穴を掘らないよう細心の注意が必要ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です