ROEって何ですか? | ポイントだけサクッと押さえよう

イエス・マン
(決算書を眺めながら・・・)
おっ、ウチの会社ROEが改善しているザンス。
目標値まであと2%・・・。

はて、ROEってそもそも何だったザンスか・・・。

最近の決算報告書では当たり前のように盛り込まれるようになったROE。

サラリーマンともなれば、このあたりのメジャー指標は頭に入れておきたいところ。

 

本記事では、この指標の重要ポイントにフォーカスして分かりやすく解説していく。

では、さっそく見ていこう。

スポンサーリンク

 

ROEは「株主」にとって重要な指標

ROE(自己資本利益率)とは、「自己資本(「株主からの投資資金」と「これまで積み上げてきた利益」)をどれほど効率的に運用して利益を得ているか」を表す財務指標のこと。

「ROEが高い」ということは、こういった資金を「上手に活用できていること」を意味するため、株主にとっては喜ばしい話となる。

ROEが高まれば株主が喜び、株価上昇が期待できる。

株価が上がれば、企業はROEを高められるよう、より一層努力する。

企業のトップがROEを大切にするのは、こういった株主とのWin-Winの関係があるためだ。

 

ROE算出では絶対「当期純利益」を使う理由

ROEの計算式はこのようになるわけだが、分子にある利益は「営業利益」や「経常利益」ではなく、いつでも「当期純利益」となる。

 

なぜ「当期純利益」なのか。

 

この答えには冒頭で出てきた株主が大きく関係しているわけだが、それは、ROEは「株主に関係するお金(自己資本)」に対する「株主に帰属する利益の割合」を計算するものだから。

株主に戻るお金は営業利益からではなく、税金が引かれた「当期純利益」から戻ることになる。

「株主からの出資金」を運用・活用し、「株主に帰属する利益」をどれほど生んでいるかを知るための指標がROEであるため、分子の利益には「当期純利益」を使うことが妥当と言える。

 

ROEを見る上で気を付けるべきポイント

ROEの分子には「当期純利益」を使う、という重要ポイントを押さえたら、今度は分母にあたる「自己資本」も確認しておこう。

 

ROEの数字を大きくするためには、

①分子(当期純利益)を大きくする
②分母(自己資本)を小さくする

というように、2通りのやり方があるわけだが、この②というのは企業買収や事業投資を行って負債を増やすことで達成することができる。

つまり、財務レバレッジ(負債を活用する割合)を高めることになるため、事業基盤を揺るがすリスクも高まってしまうのだ。

 

 

単純にROEの数字に目がいきがちだが、数字が高い要因は何か?という視点を常に持つことが非常に大切だ。

ちなみに、東証1部上場企業のROE平均は、約7~8%程度と言われている。

 

課長のオススメ本 ROE編

オススメ本①
『ROE経営と見えない価値』


ROE経営と見えない価値

課長

タイトルだけ読むと難解なイメージがあるが、とんでもない。ストーリー性があり非常に読みやすい良本。旭化成によるZOLL社買収の案件についても詳細が書かれており、ROEをより深く理解するだけでなく、企業買収のステップについても書かれており、とても満足度が高い。

カスタマーレビューを見ても、その評価がとても高いことが伺えるだろう。

オススメ本②
『ROE革命の財務戦略』


ROE革命の財務戦略

課長

伊藤レポートで定められたROEは8%というのは有名な話だが、なぜ8%なのだろうか?この名著は、そんな疑問すらもサクッと解決してくれる。著者がエーザイ株式会社の現役CFOということもあり、内容が充実しており説得力も高い。読み応え抜群のオススメ本だ!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です