仕事ができる20代若手は視点が違う!入社3年目からの仕事のコツとは

課長

おい、君。もう少し質の高い資料を作れんのかい?

もし必要なら、お前の同僚の資料を見せてもらえ。あいつの資料は非常に参考になるぞ。

イエス・マン
イエス、課長。あいつに見せてもらうのは悔しいので、見て「あげる」ザンス。(学生のときにもっと勉強しておくべきだったザンス・・・。)

 

新卒入社から3年も経つと、不慣れだった仕事も一通りこなせるようになり、同世代間でパフォーマンスに差が出はじめる。

その要因は学歴や能力ではなく、もっと違うところにあるのだが、当の本人は自分の不勉強ぶりや能力を後悔しがちだ。

 

今回は、入社3年後から高いパフォーマンスを生み出すために必要な仕事のコツについて紹介していく。

このコツを覚えるタイミングが早ければ早いほど大きな効果が期待できるので、興味があれば是非試してもらいたい。

 

なんであいつは仕事ができるのか?

そもそも、20代半では仕事の能力や経験値にほとんど差は無い。

では、なぜこの時期からパフォーマンスに差が生まれてくるのか。

それは、仕事に関する情報量に違いが出てくるからだ。

 

何か難しい判断を求められたとき、それに役立つ情報があれば正確な判断が下せる。

そして、情報が多ければ多いほどその精度が上がる。

 

つまり、仕事のできるやつは、持ち合わせている情報量があなたより多いのだ。

これが、パフォーマンスに大きな違いを生んでおり、逆に、これさえカバーできれば、あなたも「できるグループ」の仲間入りを果たすことができる。

 

情報が集まる仕組みを作る

パフォーマンスに違いが生まれる要因がわかったら、今度は「できるグループ」が得意とする情報収集やり方をお伝えする。

結論から言うと、何かのスペシャリストになればよい。

周りがあなたをスペシャリストと認めるようになると、あなたは自然に情報の渦の中に身を投じられるようになる。

 

分かり易い例は、議事録のスペシャリストだ。

会議や打ち合わせの際、必ずといってよいほど議事録が作成されるわけだが、それを積極的に担当する者は少ない。

ここであなたが議事録作成を買って出て、要点がまとまった見易いものを作れれば、周りはあなたを他の会議にも呼ぶようになる。

これが、圧倒的な情報量を収集する仕組作りだ。

なお、議事録作成は、重要でありながら誰も手を出したがらないブルーオーシャン市場であるため、情報収集にはもってこいと言える。

 

その他だと、資料レイアウト・デザインのスペシャリストも良い。

あなたに依頼すればどんな資料でもキレイに仕上がる、という評判が立つと、周りは重要な資料ほどあなたに依頼するようになる。

経営向け、重要顧客向けなどの資料が舞い込んでくれば、それだけ価値の高い情報を入手できるようになる。

 

難易度は高いが、英語のスペシャリストも非常に重宝される。

語学力高いほど、海外企業とのパートナーシップや買収など、企業間交渉に駆り出される可能性が高くなる。

グローバル展開を考えている企業は今後も増え続けるため、この需要に応えられると、多くの情報を取り込めるようになる。

 

このように、情報収集のコツは、何かのスペシャリストになり、それを周りに認知してもらうことだ。

英語スペシャリストは難易度が高いかもしれないが、議事録や資料レイアウトなどは努力次第で何とでもなる。

「できる組」への道は、実はシンプルで再現性の高いものであることを忘れてはいけない。

 

「平々凡々なサラリーマン」になりたくない人向けのオススメ書籍

ここからは、「できる組」の一員になるのに役立ちそうな書籍をご紹介する。

どれも実践的な内容で、すぐに仕事に活かせるものばかりだ。

オススメ本①
『超・箇条書き―――「10倍速く、魅力的に」伝える技術』


超・箇条書き―――「10倍速く、魅力的に」伝える技術

課長

高度なビジネスコミュニケーションを行うための箇条書きノウハウが学べる良書。箇条書きはただ情報を羅列しているだけに思われるが、実はそうではないことを痛感させてくれる実践的な内容となっており、議事録、報告書、プレゼンなど、活用範囲は幅広い。上手な文書を書くコツを学べるため、とてもオススメじゃ。

カスタマーレビューを見ても、その評価がとても高いことが伺えるだろう。

オススメ本②
『10倍速く書ける 超スピード文章術』


10倍速く書ける 超スピード文章術

課長

文章書くのが苦手という人向けで、ビジネスライティング力の強化に役立つコツ・テクニックがたくさん盛り込まれている。仕事をしていて、他人より書類やメール作成に時間が掛かっていると感じている人は、是非目を通すと良い。一生使えるテクニックじゃ。

オススメ本③
『できる人の超★仕事術 (中経出版)』


できる人の超★仕事術 (中経出版)

課長

仕事のテクニックというよりは、仕事観について書かれた良書できる人の仕事観を学ぶことで思考が変わり、仕事の質も変わってくる。個人的には若い人向けで、向上意欲が高いは感銘を受けるじゃろう。本当に素晴らしい書籍じゃ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です